バイオガスとは

バイオガスとは?

バイオガスとは、有機原料の発酵によって生成されるバイオ燃料の一種です。有機物が嫌気性環境(酸素不存在)でバクテリアによって発酵すると、メタンガスや二酸化炭素が放出されます。このプロセスは嫌気性環境で起こるため、嫌気性消化としても知られています。

産業利用においては、固形バイオマスからバイオガスを生成する制御されたプロセスとなります。例えば、農業廃棄物、家畜の糞、食品残渣、下水汚泥、エネルギー作物などはすべてバイオガスに変換できる有機物です。

バイオガスは再生可能エネルギーの中で最も汎用性があり、下記の製造のために様々に利用することができます。

バイオガスとは , 貯蔵可能なエネルギー

電気

燃料

バイオプラスチックや

他の化学製品

さらに、バイオガスには数え切れないほどのメリットがあります:

貯蔵可能なエネルギー

バイオガスは貯蔵することでき、いつでも電源として変換されるため、ベースロードとピークロード両方の必要要件を満足することができます。

安定的な24時間稼働

風力や太陽光発電と異なりバイオガス生産は天候条件に左右されないため、安定的にいつでも頼りになるエネルギー源です。

多様な原料

バイオガスは様々なバイオマス原料から生成することが可能です。弊社のバイオガスプラントでは異なったフィードストックを組み合わせることができます。草、貯蔵牧草、サトウダイコン、造園材料、とうもろこしや他のエネルギー作物が、単一もしくは糞尿、液体肥料や補基質と混合して利用されます。

再生可能エネルギーの中で最も万能

バイオガスは様々なエネルギー源としての利用が可能です。直接的に電力や熱を発生させることも、パイプラインを経由して熱を供給することも、精製後にガスグリッドに供給することもできます。他にこんなに万能な再生可能エネルギー源は存在しません。

クローズ循環プロセス

私たちのバイオガスプラントはすべての水を再利用するので無駄を生じさせません。さらに通常は利用できず処理に費用のかかる大量の自然の廃棄物を活用します。残留物は高品質のバイオ肥料として利用されます。

ドイツでの成功

ドイツでは過去15年間に数百KWから20MWまでの規模のバイオガスプラントが9,000件以上建設されています。これらのバイオエネルギープラントは、導入された地域社会に多くの恩恵をもたらし賞賛されています。ドイツのバイオエネルギー分野では119,900人の人たちが働いています。税収の面で地域に貢献し、用地賃貸による収入を生み出し、地元の企業にビジネスの機会をもたらし、輸入される化石燃料を減らすことでコストも削減しています。

© 日本バイオガスデベロップメント株式会社 | ウェブサイトご利用規約